×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ゴルフコースをつくる



コラム:ゴルフコース設計の最初の一歩



 実際にプレーするゴルフコースではなく、
 PCゲーム用のゴルフコースを作るのならば、
 どんなコースを作っても構いません。全く作る人の「自由」あり、
 創造力を駆使して、実際には有り得ないような物を作ったほうが、
 楽しいかもしれません。

 しかし、そうは言っても物事には必ず「基本」があります。
 ラウンドしたり、設計したりした中で、私が今までに会得した事を、ここで
 余すところ無く伝授しましょう。

 以下の点に気をつけて設計すると、より良いゴルフコースが出来上がるでしょう。



 距離の短いホールを作る時
距離の短いミドルホールやロングホールを作る時は、
ティーショットが落ちる辺りに、樹木やバンカーなどのハザードを配置して、
プレーヤーに次のショットを打ち辛くさせるように設計します。

距離の短いショートホールを作る時は、
グリーン周りに、樹木やバンカーなどのハザードを設置して
プレーヤーにティーショットで、簡単にワンオンさせないよう工夫します。

 ドッグレッグホールを作る時
フェアウェイが左に曲がる場合は、フェアウェイ右側にトラップを配置します。
フェアウェイが右に曲がる場合は、フェアウェイ左側にトラップを配置します。
ティーショットが曲がると、トラップにボールが転がって入るようにするのです。

 グリーンを作る時
グリーンの傾斜をあまり極端にすると、ホールアウト出来無い可能性があります。
フェアウェイの傾斜よりも緩やかに、そして高低差の無い小さなアンジュレーションします。
これさえ守れば、ポテトチップのようなグリーン、御椀を伏せたようなグリーン、
ドーナツのようなグリーンと、どんな形でも大丈夫です。

 高低差の大きいフェアウェイを作る時
高低差の大きいフェアウェイも、気を付けないとホールアウト出来無い可能性があります。
ボールの落ち易い所をOBゾーンにするなどして工夫しましょう。
しかし何度も打ち直しが要求されるフェアウェイは、あまり良いとは言えません。
1打損をしても前に進めるような、逃げ道を用意して置きましょう。




Copyright (C) GLAXY DESIGN. All Rights Reserved.